「クリスプ・サラダワークス広尾店」のセルフレジにCoineyが採用

〜CoineyKitをセルフレジに組み込み、完全キャッシュレス化を実現〜

 コイニー株式会社(以下コイニー)は、株式会社クリスプが展開する10月4日(木)に完全キャッシュレス店舗としてリニューアルオープン予定のカスタムチョップドサラダ専門店「クリスプ・サラダワークス広尾店」内にCoineyターミナルが採用されたことをお知らせいたします。

 クリスプはデジタル領域で日本をリードする飲食チェーンを目指すという目標を掲げ、2017年よりモバイル事前注文アプリ「クリスプAPP」を導入した結果、全店でキャッシュレス比率は約70%・モバイル注文比率は25%近くまで増加しています。今回のリニューアルでは、現金を使わなくしただけではなくお客様の注文・決済におけるストレスを減少し注文体験の質を進化させることに注力しました。また、注文・会計オペレーションが無くなることで、お客様とスタッフが機械にはできない豊かなコミュニケーションを楽しむ時間が生まれます。

 一方コイニーは、「お金の流れをまるくする」をビジョンにスマートフォン・タブレットを活用し、従来に比べ手軽に低コストで実現する決済サービスを展開してきました。最短3日で導入することができるクレジットカード決済サービス「Coineyターミナル」、誰でもかんたんにオンライン決済ページがつくれる「Coineyペイジ」に加え、訪日中国人観光客の受け入れ体制強化を目的にWeChat Payに対応したQRコード決済サービス「Coineyスキャン」を提供し、様々な業種・事業者にて利用いただいています。

 この度、「クリスプ・サラダワークス広尾店」では株式会社カチリと共同開発するセルフレジにおいて、コイニーが提供するキャッシュレス決済を実現するためのソフトウェア開発キット「CoineyKit (*1)」が採用されました。これによりシンプルな操作性でストレス無くシームレスに注文・決済が可能となり、お客様自身が店頭で注文から決済まで全てセルフで利用することできます。今後もコイニーはかんたんに使える決済サービスの提供を通じてキャッシュレス環境の整備を推進していきます。

※1CoineyKit の概要はこちら


■ 株式会社クリスプについて
株式会社クリスプは、「熱狂的なファンをつくる」ことを目的に2014年に誕生しました。創業ブランドであるクリスプ・サラダワークスは、美味しくて満足できるサラダを、一つひとつ手づくりで提供するカスタムサラダ専門のレストランです。ダイエットのための代替メニューとして食べたり、 なにかのついでにサイドメニューとして食べるのではなく「好きだから食べる」、「美味しいから食べる」。サラダをそんな存在にしたいと考えたら、「カスタムサラダ」というスタイルに辿り着きました。現在は、麻布十番、六本木ヒルズ、広尾など東京都心を中心に7店舗を展開しています( 2018年10月3日現在)。

■ 株式会社カチリについて
株式会社カチリは、お客様の注文体験を進化させ、飲食店スタッフとお客様のコミュニケーションを増やすことを実現させるセルフレジやモバイルオーダーアプリを開発・提供している企業です。飲食店で働くスタッフの ”「つまらない」を、楽しく” するために株式会社クリスプ代表の宮野によって2017年に設立されました。飲食店のスタッフがいちばん時間を使いたい「お客様」そして「一緒に働く仲間」 に対して向き合える時間を作るために、それ以外の全ての業務をテクノロジーを通じて思いきり楽しくしたいと考えています。