ぐるなびと提携し飲食店のキャッシュレス対応を促進

ぐるなびPOS+連携による飲食店のスマートシフトも実現

 コイニー株式会社 (以下、コイニー) は株式会社ぐるなび (以下、ぐるなび)と提携し、スマートフォンやタブレットを活用した決済サービス「Coiney (コイニー)」を2017年6月26日(月)よりぐるなびが開始する飲食店向け決済サービス「ぐるなびPay」に提供することを発表します。

 ぐるなびは、「食」に繊細なこだわりを持つ国民性を生かし、日本ならではのオリジナリティあふれるビジネスを展開し、総掲載店舗数約50万店 (2017年現在)、会員数1,497万人 (2017年5月現在) を超える日本最大の外食産業ネットワークを有す企業です。またこれまで培ってきたノウハウとITの活用により、飲食店への販促以外の業務支援としてモバ イルPOSレジシステム『ぐるなびPOS+(ポスタス)』の販売を2017年4月より開始しています。

 一方コイニーは、スマートフォン・タブレット端末を使い、どこでもかんたんに低コストでクレジットカード決済の利用を可能にする「Coineyターミナル」を提供し、様々な業種・事業者にて利用いただいています。さらに2017年4月から訪日中国人観光客の受け入れ体制強化を目的に、WeChat Payに対応した「Coineyスキャン」の提供を開始しました。またコイニーでは、スマートフォンの普及、店舗運営用アプリ・Webサービスの増加により変化する店舗環境を支援するための「お店づくりのスマートシフト」運動を発起し、推進しています。

 このたびの提携により「Coiney」の決済機能を「ぐるなびPay」に提供することで、ぐるなびに加盟する飲食店にCoineyターミナルやCoineyスキャンを導入推進し、全国の飲食店に"キャッシュレス対応"を促進します。また、「ぐるなびPOS+」と「ぐるなびPay」が連携することで注文入力からクレジットカード決済やWeChat Pay決済まで一連の操作でスムーズに利用することが可能となり、飲食店における"お店づくりのスマートシフト"も同時に推進します。

 今後もコイニーは、決済ソリューションのリーディングカンパニーとして、様々なプラットフォームで利用できるサービスを提供し、より多くの事業者に利用されるサービスを積極的に展開していきます。

【ぐるなびPayとは】
ぐるなびPayは、「ぐるなびPOS+」と連携するマルチ決済サービスです。コイニーが提供する「Coineyターミナル」によるクレジットカード決済、「Coineyスキャン」によるWeChat Pay決済が可能です。また、「ぐるなびPOS+」との連携により注文から決済まで一連のオペレーションでスムーズに利用することが可能です。
https://www.gnavi.co.jp/payment/coiney/

【ぐるなびPOS+とは】
iOS端末のスマートフォンやタブレットに対応した飲食業向けのクラウド型モバイルPOSです。販売管理や商品出数分析等の機能に加え、飲食店向けのオリジナルな機能として、来店客の売り上げ、客単価、注文点数、注文商品を席単位での分析や売上管理ができるほか、勤怠・シフトの管理なども行うことができます。
https://www.gnavi.co.jp/ksupport/gnavi_postas

【お店づくりのスマートシフト運動とは】
スマートフォンやタブレットが普及したことにより、お店づくりを取り巻く環境は「スマート」な方向へ大きく「シフト」しつつあります。コイニーでは、お店とお客さまとのつながりやサービス向上により多くの時間を注げるようにするために、POS、予約、会計、集客、勤怠管理などのアプリ・Webサービスの提供事業者とともに、スマートなお店づくりを広め、支援していくことを目的とした「お店づくりのスマートシフト」運動を推進しています。
https://coiney.com/smartshift/