WeChat Payとアクワイアリング契約を締結し、訪日中国人観光客向け決済サービスを年内に提供開始へ

 コイニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐俣奈緒子、以下コイニー)は、 WeChat Pay(微信支付)取扱のアクワイアリング契約を締結し、年内をめどに、WeChat Payを利用した様々な決済サービスの提供を開始することを発表します。

 WeChat Payは、中国におけるインターネットサービスのリーディングプロバイダーであるテンセントが提供するモバイル決済サービスです。ユーザーもしくは店舗が WeChat の QR コードを提示し、もう一方が QR コードをスキャンすることで決済が完結するカード読み取り端末不要のシンプルな決済手段で、中国国内の様々な日常シーンで利用され幅広く浸透しています。

 コイニーは WeChat Payの取扱いを開始することで、主に訪日中国人観光客が訪れる環境でビジネスを展開している事業者を中心にマーケットを拡大していきます。Coiney を導入することで「両替がめんどくさい」や「クレジットカードが使えない」といった訪日外国人観光客が抱える問題点を解決し、キャッシュレス社会の実現を目指していきます。

 なお、サービスの一般受付開始は年内を予定しており、決まり次第ホームページにて告知します。興味のある方は以下の事前お問合せフォームにご入力ください。
http://coiney.com/contact/wechat

 また、一般公開に先立ち、東急カード株式会社 (本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:下形和永) に WeChat Pay の提供を開始し、各施設への導入を推進します。

 今後もコイニーは、決済ソリューションのリーディングカンパニーとして、様々なプラットフォームで利用できるサービスを提供し、より多くの事業者に利用されるサービスを積極的に展開していきます。