英・中含む6ヶ国語でCoineyペイジを提供開始 事前決済やキャンセル料徴収などインバウンド需要に対応

 コイニー株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐俣奈緒子、以下コイニー) は、本日11月1日より誰でもかんたんに決済ページがつくれる「Coineyペイジ (Coiney Payge)」及び「CoineyペイジAPI (Coiney Payge API)」にて、これまでの日本語に加えて、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語の6ヶ国語の対応を開始いたします。

 Coineyペイジは、金額を入れて宛先を指定するだけで誰でも決済ページをつくることができます。また、かんたんにCoineyペイジをカスタマイズができることでお店の雰囲気に適したデザインにすることも可能です。

 2016年8月31日のサービス開始直後より、多種多様な使われ方をされていますが、中でも宿泊・飲食・体験などのトラベル分野の方々から多くの声を頂戴しました。当分野においては、主に事前決済およびキャンセル料の請求用途で使われており、また、これらは国内のみならず海外のクレジットカード会員にも適用が可能です。そのため、Coineyペイジの決済ページ及び売上票(レシート)を多言語対応し、誰にとってもシームレスな決済体験を提供することとしました。

 なお、これまで通りの手順でCoineyペイジを作成すれば、クレジットカード会員のブラウザー設定に応じて自動的に多言語対応されたCoineyペイジが作成されます。また、多言語対応による追加費用は一切不要で、従来通り3.24%の決済手数料のみで利用できます。

 また、本日11月1日より来年1月31日まで、すべての加盟店を対象に「Coineyペイジでまとめてフリーキャンペーン」を実施し、Coineyペイジの決済手数料を0%にて提供します。詳細はリンク先のキャンペーンサイトを参照ください。

 Coiney加盟店はCoineyターミナルのみ、Coineyペイジのみ、あるいは両方を利用することで、ますます多くの場面で代金の徴収方法の選択肢がふえ、消費者の様々なニーズにこたえることで、ビジネス機会の損失を防ぐことが可能となります。

 今後もコイニーは、決済ソリューションのリーディングカンパニーとして、様々なプラットフォームで利用できるサービスを提供し、より多くの事業者に利用されるサービスを積極的に展開していきます。

 【Coineyペイジの概要および申込み】
Coineyペイジの概要の確認、および申込みはこちらよりおこなえます。